なぜ小売業にインテリジェントで適応性のあるセキュアなネットワークエッジが必要なのか

— Extreme Blog 翻訳記事「Why Retail Needs an Intelligent, Adaptive, Secure Network Edge」RYAN HALL, Extreme Networks —

デジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションとその結果として生み出された新興テクノロジは、今日の小売ビジネスにとって絶好の機会を数多く創造し、顧客の店舗内購買体験を高め、ビジネスの機能を強化し、“魅力的な店”を作りだします。デジタルトランスフォーメーションは、日常業務が円滑かつ確実に実行されるように、小売組織に新たな課題を与えました。

直接影響を受けるビジネス領域は? ITチームとネットワーク。

小売業におけるネットワークの課題

IoTが登場し、モバイルが急速に普及してユーザがネットワークにアクセスできる方法が増えたため、従来のネットワークの範囲は進化し、大幅に拡大しました。ネットワークのエッジは、今やあらゆるビジネス、特に店舗販売を行う小売業の基盤となり、ネットワークユーザの大部分が店舗を訪れています。それは、組織とその顧客の接点です。ユーザが関与し、モバイルトランザクションが発生し、IoTデバイスが接続され、管理される場所です。

ネットワークエッジは、サイバーセキュリティの脅威に対する防衛の第一線であり、侵害の大部分が発生するところです。小売業界では、さまざまなオンプレミスおよびクラウドベースでの導入が採用されているため、ネットワーク管理とセキュリティはより困難になります。さらに、小売組織が支払い取引や個人情報を転送するためにネットワーク(特にWi-Fi)に依存しているため、このデータがハッカーや誤用から安全に守られていることを保証することは非常に重要な目標です。また、店舗内のすべての接続技術(Wi-Fi、イーサネット、BLE、LTEなど)の多くは、小売ブランドで使用されていることが多いため、大規模な地域に分散した複数の店舗がすべて同じITチームによって管理されています。

さらに、これらの大規模で複雑な環境をサポートするITチームは、通常、十分なリソースと時間が不足しています。小売業では、現在のデジタル化された社会のニーズを満たすだけでなく、顧客基盤に価値を提供し続けるために、エッジネットワークを簡素化するソリューションが必要です。小売業界の独自の要件に合わせて、ビジネスの進化に伴って進化する日々のネットワーク管理の負担を軽減します。

ソリューション:小売業者向けのインテリジェントで適応性のあるセキュアなネットワークエッジ

Extreme AIとエクストリームクラウドアプライアンスの新製品であるExtreme Smart OmniEdgeは、インテリジェントで適応性があり、安全性の高いネットワークエッジソリューションにより、上記のすべての要件を満たしています。ネットワーク機能を使用して、デジタルトランスフォーメーションの目標をより迅速に達成できます。

Smart OmniEdgeは、幅広いアプリケーションおよびサービスのポートフォリオによって補完された、安全で統合された有線/無線インフラストラクチャで構成され、すべてが人工知能および機械学習によって強化されています。 Smart OmniEdgeは、単一管理画面で管理され、クラウドとオンプレミスの導入で同じ統合ネットワーク製品を活用する業界で唯一のソリューションです。

小売業にとって、固有の利点は魅力的です。特に店舗販売を行う実店舗の場合:

パーベイシブインテリジェンス:

  • Smart OmniEdgeは、小売業者に、モバイル小売業者によって確立された購買体験を反映させるために、すべての小売店の中心的な目標であるモバイルユーザの関与を促進し、ビジネスと運用の両方の変革を推進するインテリジェンスを提供します。
  • 小売業の特徴である小規模のITスタッフは、機械学習と積極的なAIを使用して人間の知能を向上させることで、エクストリームの仮想ネットワークエンジニアは、変化する条件に合わせてネットワークを個別に調整します。
  • ネットワークの問題が早期に発見されるか、または防止し、ヘルプデスクのチケットの削減や位置情報プロモーションの活用、リピート買い物客向けのブランドロイヤルティアプリの導入、店舗内ARソリューションの導入などの戦略的で革新的なビジネスイニシアチブにより一層ITリソースを使えるようにします。
  • Smart OmniEdgeには、ネイティブツールのサードパーティのプラットフォームやアプリを簡単にサポートして統合するためのオープンAPIアーキテクチャも含まれています。

ビジネス適応:

  • 分散した場所と独自の展開要件を持つ小売業では、クラウドベースやオンプレミスなど、さまざまなネットワーク構成を活用できます。Smart OmniEdgeでは、組織が1つのアーキテクチャまたは展開モデルに固定する必要はありません。
  • ネットワークは、組織が成長し進化するにつれて適応し、成長することができます。 Smart OmniEdgeは、ネットワーク管理を強化したり、ネットワークを新しい物件に拡張したりする小売業向けに、ネットワーク管理、ハードウェア(有線/ WLAN)、顧客体験の一貫性を維持しながら、ビジネスニーズに迅速に対応します。
  • 拡張においては、Smart OmniEdgeにはV400ポートエクステンダーも含まれているため、企業はより多くのネットワークポートを活用してより多くのデバイスを接続することができます。
  • 位置情報の分析とサービス:Smart OmniEdgeは、徒歩でのトラフィック傾向に関連した貴重な分析の提供や、社内にいる社員の追跡に加えて、店舗内の買い物客へのコンテンツ連動型のプロモーション配信など、業界で新たに登場する機能である位置情報システムとソリューションにシームレスに統合します。
  • ネットワークのアップグレードや拡張が行われた場合、これにはしばしば総入れ替えを伴うこともあり、大切な時間とリソース(それと利益)が奪われます。Smart OmniEdgeは、すべての小売業の成功に不可欠な要素である稼働時間と可用性はそのまま保たれます。

本質的なセキュリティ:

  • 小売店は、買い物客にとって魅力的でパーソナライズされた店内体験を提供することがプレッシャーとして高まりつつありますが、デジタルトランスフォーメーションを採用することは、脅威と未知のセキュリティリスクを伴います。しかし、それは小売店が新しいデジタルイニシアチブを受け入れるのを妨げるものではありません。
  • エクストリームの製品ポートフォリオは、サイバーセキュリティのあらゆる脅威に対するエンド・トゥ・エンドのネットワーク保護を提供するほか、オンボードのデバイスやユーザに関連する統合/自動コンプライアンスチェック、脅威検出、インテリジェンスを提供する包括的なセキュリティエコシステムを提供します。

Extreme Smart OmniEdgeネットワークアーキテクチャと小売向けのサポートコンポーネント

Extreme Smart OmniEdgeの詳細については、ソリューションリソースページをご覧ください。今日のネットワークでの機械学習とそのアプリケーションに関する詳細な情報については、Fairpoint Groupの人工知能と機械学習に関するホワイトペーパーを参照してください。

今日の小売業に影響を及ぼすデジタルトレンドに関するさらなる解説については、以下のリソースをご覧ください。