教育現場におけるネットワークアナリティクスと管理ソフトウェアの意外なメリット

— Extreme Blog 翻訳記事「Educators: Here Are Some of the Unexpected Benefits to Education of Network Analytics and Management Software」Bob Nilsson, Extreme Networks —

ネットワークソフトウェアが、破壊行為を減らし、必要なときにいつでも帯域幅を動的に追加したり、高品質のオンラインテスト体験を保証し、費用、特に高価なEdTechライセンス費用を削減できることをご存知ですか?ここに実例があります。

高校でいたずらした生徒を捕まえる

ある朝早く、高校の生徒たちが、Senior Prank(卒業前の上級生がいたずらをする)で学校のホールを壊すいたずらを仕掛けることにしました。生徒たちは自分たちが特定されないよう、細心の注意を払ってセキュリティビデオカメラから身を隠していました。

生徒たちは自分たちの身元が特定されないよう顔を隠していたにもかかわらず、彼らはポケットに携帯電話を入れて建物に入ったのです。これらのデバイスはExtremeControlに登録されているため、学校当局はデバイスに基づいて生徒を素早く特定し、デバイスアソシエーションのタイムスタンプとセキュリティカメラ映像のタイムスタンプを一致させることができました。この強力な証拠を突きつけられた生徒たちはこのいたずらを認めました。

いつでもどこでも必要なときに高い帯域幅を正確に提供

あるテレビの制作クラスは、アメリカ西海岸高校の210号室と211号室で午前10時から午前11時30分まで行われます。大容量のビデオファイルをアップロードとダウンロードするためには、その時間帯やその教室では非常に高い帯域幅が必要です。そのため、このコースの生徒は、他の生徒よりも多くのウェブサイトへの高速アクセスが必要です。しかし、学区域全体の帯域幅は、ブロードバンドのパイプ速度によって制限されます。

学区は、Active Directory内でこの製品クラスに登録された特定の生徒を含むセキュリティグループを作成しました。必要な追加のWebサイトへのより高い帯域幅とアクセスを可能にし、Webフィルタの統合を可能にするポリシーが作成されました。このポリシーは、高度なアクセスが必要なセキュリティグループの学生に適用されるようになりました。

ゲストのワイヤレスアクセスをシャットダウンせずに高品質のテスト体験を保証

あるノースウエストの学区は、火曜日から金曜日までに450人の高校生にテストを実施します。残念ながら、過去にはすべてのラボを閉じ、ラップトップの使用を制限し、ゲストのワイヤレスアクセスをシャットダウンする必要がありましたが、こうすればテストが中断されないことが確実です。言い換えれば、技術を介した学習はこの間中止されましたが、これはテストの中断が発生しないようにするために必要でした。

この地区では、優先順位を付けられたトラフィックポリシーを作成したため、総帯域幅が一定のレベルに達すると、重要度の低いアクセスは、オンラインテストに影響を与えることなく、また指導に影響を与えずに完全に抑制または終了します。

追加費用なしで教育に必要な帯域幅を見つける

別の米国の学校は、学生の学習に不十分な帯域幅の問題を抱えていました。午前中は、帯域幅が制限されて学習ができなくなりました。問題は非常に深刻で、校長とIT部門は追加のインターネット帯域幅のための資金調達を求めようとしていました。しかしこれには、他の教育プロジェクトから資金を調達する必要があります。彼らはそうする前にExtremeAnalyticsのダッシュボードをよく見てみました。すると、彼らのウイルス対策ソフトウェアが毎朝作動していて、それが単独で帯域幅のリソースを奪っているのに気づきました。それを解決することで、地区で十分な予算を確保し、いくつかの主要な新しい学習ツールを手に入れることができました。

Xboxやゲーム機が帯域幅を枯渇させないようにする

東海岸の学区では、ExtremeControlを使ってXboxなどのゲーム機やデバイスを識別して、いつ使用するかを制御したり、ネットワークから完全に分離したりすることが容易であることが判明しました。一部の小学生や特殊教育のクラスではゲーム機を使用しているため、特定の場所や時間帯での使用を許可するのは簡単です。しかし、ExtremeControlはこれらの決定をあなたの判断に任せます。

学生のベストプラクティスを共有する
オハイオ州の高等学校は、ガイダンスカウンセラーに情報を提供して、一部の生徒が同輩よりも低い成績だった理由を評価し、インサイトを得ようとしていました。ガイダンスカウンセラーは、ExtremeAnalyticsに個々の生徒のID情報を入力することにより、1日を通して生徒ごとにアプリケーションの使用状況を報告できるようになりました。彼らは、その日教育的なアプリケーションを使用したり、ソーシャルメディアをしている学生の効果を評価することができます。

なぜBlackboard教室が有効ではなかったのか?

オハイオ州のある学区は、新しい学習管理システムとしてBlackboardを購入しました。いずれかの建物の校長は、申請が期待通りに使用されなかったことを懸念しましたが、根本的な原因を特定することができました。この校長は、ExtremeAnalyticsを使用して、一日を通して建物内でBlackboardがどのように使用されたかを理解することができました。

エンフィールド(コネチカット州)でのネットワークアクセスと帯域幅制御の最適化

エンフィールドは、ネットワークアクセスと帯域幅を管理する機能を備えているため、特別なイベントに帯域幅を割り当てることができ、標準化されたテストやその他の教育イニシアチブが最優先事項であることを確認できます。「私たちのExtreme Networksソリューションは、終日300人の生徒が同時にテストを受けていた教室で、特定の時間枠内で1,800人の生徒をオンラインでテストすることができます」とネットワークマネージャのCarl Merrick氏は述べています。 “新しい高等学校で重要視すべき点はテクノロジです。専用の無線アクセスと1,600の学生用iPadが必要なSTEM Wingでは、適切な帯域幅割り当てを備えた高帯域幅のネットワークが重要です。

関連情報