Extreme Networks、ガートナーの2018年版マジック・クアドラント 「データセンターネットワーキング」分野で 「チャレンジャー企業」の評価を獲得

【本社プレスリリース抄訳】Extreme Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ市、最高経営責任者:Ed Meyercord、日本法人:エクストリーム ネットワークス株式会社、以下:Extreme)は本日、ガートナー社が2018年7月11日付で発表した2018年版マジック・クアドラントの「データセンターネットワーキング」分野において「チャレンジャー企業」の評価を獲得したことを発表しました。これ以前の数年間、Extremeはガートナー・マジック・クアドラントの「データセンターネットワーキング分野」でニッチ・プレイヤーに名を連ねていました。

2017年のリポート発行後、Extremeは2016年10月から続く一連の買収の3番目として、Brocade Communications Systems, Inc.のデータセンターネットワーキング事業の買収を完了しました。またExtremeは、ガートナー社が2018年7月11日付で発表した2018年版マジック・クアドラントの「有線および無線LANのアクセスインフラ」分野において「リーダー企業」の評価を獲得しました。

Extreme Networks、社長兼CEO、Ed Meyercord(エド・メイヤーコード)談
「ExtremeのAgile Data Centerソリューションは、現代の企業がデジタルトランスフォーメーションを実現するために必要な自動化と可視性、柔軟性を提供しています。ガートナー・マジック・クアドラントのデータセンターネットワーキング部門においてチャレンジャーとして認められたことをとても嬉しく思います。このような栄誉を受けられたことこそ、Agile Data Centerソリューションポートフォリオと並んで当社のビジョンと市場への関与が競争力を持っていることの証であると確信しています」

関連情報

免責条項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Extreme Networksについて

Extreme Networks, Inc.(EXTR)は、エンタープライズエッジからクラウドに至るまでアジャイル(迅速)、アダプティブ(柔軟)、セキュア(安心)なオープンかつソフトウェアドリブンのソリューションを提供することで、企業のデジタル・トランスフォーメーションの推進を支援します。弊社は、100%内製のコールセンターにて業界でNo.1のサービス&サポートを提供しています。エクストリームは、世界的大企業や病院、小売店、物流、教育、政府機 関、医療機関、メーカーや、Fortune 50の半数の企業を含む30,000社を顧客として有し、お客様やパートナーのビジネス成功に向けて迅速かつ敏捷なサポートを提供しています。弊社では、この取り組みをCustomer-Driven Networking™と呼んでいます。Extremeは1996年に設立され、米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。

Extreme Networks, Agile Data Center, ExtremeSwitching, ExtremeRouting, ExtremeApplications、Customer-Driven Networking、およびExtreme Networks のロゴは、米国および/または各国のExtreme Networks, Inc.の商標または登録商標となっています。その他の商標は、それぞれの所有者の所有物となっています。

お問い合わせ

Extreme Networks 広報担当[担当:神谷]
E-mail:extreme@jspin.co.jp