ブログ AI & ML

上からクラウドを眺める

Bill Lundgren Director, Product Management for Cloud Operations and Architecture 投稿日: 10月 23, 2020

オスカー・ワイルドの言葉に、「模倣は凡人が才能ある人に贈る最も誠実な賛辞である」というものがあります。最近、当社のCloud Viewページをほぼコピーした形でExtremeCloud IQに非常によく似た製品を堂々と製造している競合他社が見られます。これに対して、当社は「ありがとう!」と申し上げます。

Cloud Viewは、ExtremeCloud IQ1年ちょっと使用している機能で、私の同僚であるMarko Tislerが構築しました。彼は最近、追加情報を増やし、タブの強化を行いました。Cloud Viewはクラウドの上に存在するあなたの視界です。ExtremeCloud IQのフットプリントの範囲と幅広さ、そして製品が使用される仕組みについて簡潔に理解できるところです。これは「30,000フットのビュー」なのです。

Cloud Viewページでは、まずExtremeCloud IQの純然たる大きさを示します。ここでアクティブなバーチャルインスタンス、管理されたネットワークデバイス、クラウドベースのPrivate Pre-Shared Keys、アクティブなクライアントの数および大規模なデバイスプールのヒートマップを強調しながら表示しています。

次に、Cloud Infrastructureセクションでは、クラウドが処理した過去の管理イベント数の内訳を示します。管理イベントとは、構成プッシュ、接続されたデバイスのステータスに関する情報、アプリケーションの概要、および管理されたアクセスポイントとスイッチ、そしてCloud IQ間で行われたすべての情報など、当社が処理したすべてのイベントです。1日平均約50億イベントです。

さらに、PilotおよびConnectサブスクリプションレベルのデバイス数も示しています。Pilotサブスクリプションは有料のサブスクリプションでExtremeCloud IQのすべての機能を使用できる一方、Connectアカウントのユーザーは当社の無料のレベルにアクセスでき、製品内で使用できる機能が限定されています。

また、Cloud Viewには、1日あたりの管理者のログイン数も表示されます。一般に、ExtremeCloud IQには1日あたり15,00020,000件のログインが確認されています。

当社が提供するその他の分析情報に加え、デプロイされた最も人気の高いデバイスに基づき、お客様のインストールを他の人のインストールと比較できるビューも提供しています。グラフタイプ別の接続されたデバイスは、APおよびスイッチ/ルーターセグメントにより細分化されており、クラウドで最も人気の高いデバイスを確認できます。

Cloud ViewにあるClient Insightsでは、1日あたりに処理するトラフィックの純然たる量が強調表示されます。ExtremeCloud IQが管理するアクセスポイントとスイッチは1日あたり6PB以上のトラフィックを点検および処理しています。この情報に関する統計はAI/MLおよび管理ビューのコアエンジンに提供されるため、お客様はネットワークで何が起きているのか、そしてその理由について理解することができます。つまり当社は、1か月あたり180PBのデータ、または1年あたり約2.1エクサバイトのデータを処理し、これらを利用して統計情報をCloud IQに挿入しているのです。エクサバイトとはどのような大きさでしょうか。以前のカリフォルニア大学バークレー校の研究では、人間がかつて話したすべての言葉を5エクサバイトで保存できると推定しました。当社は1年間にこの半分にあたる統計を取得していることになります。このすべてのデータにより、当社のCloud Viewは、当社の製品をコピーする他の企業よりもはるかに優れた傾向と解析を提供できるのです。これがクラウドのパワーです! 

Client Insightsには、1時間あたりのアクティブなクライアント数および1日あたりの固有のクライアント数に関する情報が含まれています。このグラフは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による自宅勤務の状況の影響を明確に示しています。2つのチャートを見比べると、接続されたクライアント数が50%以上減少しています。これは、従業員が企業のネットワークから離れ、自宅の環境を使用したためです。

こうした自宅環境の状況では、ユーザーは企業ネットワークから離れているため、無線および遅延の問題に対応するまで限界があります。PPSKのようなシンプルなアクセスメカニズムはもう利用できません。これが、Extremeが当社のXRシリーズルータやATOM APも提供する理由なのです。シームレスなVPNと企業グレードのWi-FiExtremeCloud IQによる管理のパワーと合わさることにより、ユーザーは複雑な操作なしで企業グレードのWiFiを使用できる一方、お客様の環境の管理に必要な情報を提供いたします。

下の4つのウィンドウは、接続されたクライアントOS種類、空間ストリームの使用、チャネルボンディングのサポートおよび接続モードタイプが円グラフで表示されますこれらのグラフのうち、空間ストリームのグラフが最も分かりやすい情報を示しています。多くのベンダーがmGigスイッチや8×8 APを進めているものの、接続しているデバイスの98%以上が2×2または1×1 MIMOデバイスです。

 

自身のCloud IQインスタンスにClient 360およびNetwork 360ビューを使用すると、当社が管理する700,000以上のデバイスから組み合わせたこれらのメトリクスに対して自身のネットワークを比較し、詳細な情報を取得することができます。 

1つのページに多くの情報が含まれています。当社は、業界他社が取り入れたいと思う基準の製品を作れたことを嬉しく思っています。

Enterpriseの関連記事