ブログ AI & ML

クラウド型インフラストラクチャ管理で誤解されている事

Doug McDonald Director, Product Management for Healthcare 投稿日: 10月 23, 2020

クラウド型インフラストラクチャ管理で誤解されている事

Extremeのヘルスケアソリューション製品ライン管理のディレクターとして、私はヘルスケア業界の多くの人と接し、クラウドベースのテクノロジー利用について話してきました。 以前はクラウドを採用することにためらいが見られましたが、これまでに電子医療記録、コンタクトセンター、電子メールおよびコラボレーション用アプリケーション、健康情報システムなどの多くの重要なヘルスケアアプリケーションがパブリッククラウド、SaaSに移行しています。    

インフラストラクチャ管理およびオンプレミスからクラウドベースのシステムへの移行に関しては、ヘルスケア業界はそれほど強気ではありませんでした。ヘルスケア内のクラウド管理インフラストラクチャの採用率はわずか14%です(Extreme Networksによる調査)。採用率が低い最大の理由に、クラウド管理のオファーは臨床グレードではなく、ミッションクリティカルな病院環境に必要な信頼性とセキュリティを満たしていないという認識があります。

このブログでは、インフラストラクチャ管理に関して医療企業から寄せられた主な反対意見の概要を示し、ExtremeCloud IQなどの第3世代ソリューションを選択することでこれらの落とし穴を回避し、臨床環境の要件を満たすクラウド管理インフラストラクチャソリューションを実現できることを示します。 

  1. パブリッククラウドへの接続が失われると、ネットワークサービスに影響が生じる。

Extremeを使用すれば、パブリッククラウドへの接続が失われても、ネットワークトラフィックや基盤となるインフラストラクチャに影響はありません。これは、インフラストラクチャが機能するのにクラウド管理システムに依存しないためです。集中管理プレーンに基づくとするとインフラストラクチャとクラウドの間に依存関係があることを意味し、インフラストラクチャ管理プレーンはパブリッククラウドが失われると失われます。しかし、Extremeの分散アーキテクチャを使用すると、管理インターフェイスへの接続が失われても、ネットワーク自体には何の影響もありません。

  1. クラウドサブスクリプションサービスの有効期限が切れると、ユーザーはネットワークに接続できなくなる。

他の競合ソリューションとは異なり、クラウドサブスクリプションサービスの有効期限が切れても、ユーザーは引き続きネットワークに接続して完全に利用できます。これは、Extremeでは各インフラストラクチャコンポーネントに独自のコントロールプレーンと独自のローカル構成ファイルがあるためです。これは、ユーザーが変わらずネットワークへアクセスできることを意味します。

  1. クラウド管理プラットフォームの継続的な機能更新により、インフラストラクチャ上のソフトウェアの更新とパッチを制御できなくなる。

Extreme Networksが第3世代のクラウド管理プラットフォームの利点の1つとして継続的な革新と継続的な配信についてお話するのですが、これは管理機能にのみ関係します。ネットワークデバイスまたはそれらのデバイスの操作に変更が適用されることはなく、IT組織とネットワーク管理者の厳密な管理下に置かれます。  

  1. オンプレミス管理プラットフォームの方が、インフラストラクチャのセキュリティがより強化される。

数年前ならば当てはまるかもしれませんが、近年クラウドベースのセキュリティに大きな進歩がありました。AWSGoogleMicrosoft Azureなどの業界トップのクラウドベンダーは、セキュリティに数十億ドルを費やし、サイバーセキュリティの専門家とデータサイエンティストからなる大規模なチームを擁しており、その能力は一企業の力をはるかに超えています。また、ExtremeはクラウドサービスのISO 27001認証を取得し、クラウドセキュリティサービスをさらに強化しています。  

さらに、多くの次世代ネットワークのセキュリティソリューションは、人工知能/機械学習(AI/ML)テクノロジーを活用することで脅威をより迅速に検出し修正します。  AIMLを活用するには、膨大なコンピューティングリソースだけでなく、そこから学習するために膨大なデータプールが必要になるため、パブリッククラウドの実装に最適です。  事実、ネットワーキングとセキュリティで発生している技術革新の多くは、パブリッククラウドを介しています。  それでも納得できない方のために、ExtremeCloud IQには、パブリッククラウドの提供に加えて、プライベートおよびローカルの展開モデルを用意しています。  プライベートおよびローカルの展開モデルは、パブリッククラウドを決して使用せず、ローカルのIT管理者が完全な制御を維持します。

クラウドベースのインフラストラクチャ管理に関する3つの誤解をさらに知りたい場合は、こちらの要約をダウンロードしてください。  

ヘルスケア環境におけるExtremeCloud IQの価値の詳細については、こちらのソリューション説明資料をダウンロードしてください

Healthcareの関連記事