ブログ Cloud

クラウド型ネットワーキングはどのように建物に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の耐性を付けるか – 私の見方

Eric Broockman Chief Technology Officer 投稿日: 7月 14, 2020

専門家達がどの国のアプローチが新型コロナウイルスに比較的うまく対処しているか議論しているということはつまり、多くの人が同意する唯一の真実、ウイルスが勝っているということです。諸組織は再開する方法に取り組んでおり、検査手段、濃厚接触者の追跡、そしてソーシャルディスタンスのガイドラインとベストプラクティスについての活発な公開討論が行われています。同時に、多種多様な企業の起業技術者は、「ニューノーマル」を想像しようと懸命に取り組んでいます。このアイデアを反映させた職場、憩いの場所、スポーツチームを応援できる建物を作ることで、新型コロナウイルスの災難から比較的安全になり、未来を担う私たちの子孫にも安心を与えることができます。

簡単に言えば、私たちが住む環境と仕事する環境には3つのクラスがあり、これらに加えて、今後も新型コロナウイルスによってもたらされるより高い健康リスクに対処するために導入できる、保護と健康リスク軽減の3つの一般的なクラスがあります。これがすなわち「ニューノーマル」です。3つの環境とは、1) 一般的なコミュニティ全体。そこでは地方自治体と企業が協力して健康リスクを低減します。2) キャンパス環境。複数の建物にまたがる単一のエンティティ、または連結した建物の集合体です。3) 個々の建物、または建物のサブセット。ここでは企業や、個人または集団が定める原則によって、環境に対してある程度の制御権を持っています。

同様に、テクノロジーの助けを借りて建物の健全性に対処することを考えるための分類のうちの1つは基本的なレベルであり、ソーシャルディスタンスのポリシーを理解して適用するために、ある種の位置追跡、接触者の追跡、居住管理が含まれます。これは、消毒剤、標識、トレーニング、建物の入場時の検温スキャンの可用性の向上と連携して、特殊用途のスマートフォンアプリの使用と共に、一定レベルの保護と保証を提供することになるでしょう。階層の次のステップは、環境と居住者をも積極的に監視するための建物センサーと関連ソフトウェアの導入です。詳細は後ほど説明します。建物の健康管理の最後のステップは、より高水準のスマートビルディングの施行、つまり能動的なウイルスの抑制と根絶です。 

では、それは一体どんなものか?

興味深いことですが、これらすべてのソリューションに共通するのは、新型コロナウイルスまたはその後のウイルスと病原体に関する新しい科学と事実が明らかになるにつれて、組織が迅速に対応し、プロセスを迅速に改善できる必要があることです。このため、クラウドベースのインフラストラクチャを使用して、これらのソリューションを構築するための基盤を提供する必要があります。さらに、スピード、シンプルさ、セキュリティ、および低コストを除けば、クラウドベースのソリューションの更なるメリットは、ビッグデータ分析のためにマイニングできるデータの収集に適しているという事実です。更に良いことは、システムのパフォーマンスを絶えず改善してパンデミック対応の取り組みやその他の多くのユースケースをサポートするML(機械学習)とAI(人工知能)アルゴリズムをフィードできます。

さらに、何事もそうですが、クラウドも玉石混交 つまり、すべてのクラウドソリューションが柔軟性を有し、他のソリューションと同じように迅速に移動したり、信頼できるわけではありません。
次の類推が役立つかもしれません。クラウドソリューションを自動車だと考え、地形/状況の変化と諸要因に迅速かつ確実に自動車を適合させる必要があるとすると、理想的な自動車は動的に変化するタイヤまたはエンジンを備えた車です。サイズを大きくしたり、乗客定員を変更したりできます。また、長時間のピットストップやガレージへの入庫が必要な場合とは対照的に、運転中に変更することもできるのが理想です。つまり、理想的なクラウドは、動的にスケーリングできるマイクロサービスアーキテクチャに基づいて構築する必要があり、さらに重要なのは、非の打ちどころのないデータ保持整合性を備えることです。(これは、Extreme Networksが構築したクラウドのタイプであり、プライベートクラウドやローカル展開オプションでホストクラウドにとらわれないという追加の利点と柔軟性を備えています)  

しかし、これらのさまざまな分類法に対するこのクラウドベースのソリューションは、実際にはどのように見えるか?

基本的なケースでは、人の現在地を追跡することは、携帯電話やFitbitなどのスマートウォッチをBluetooth接続することによって行われる可能性があります。UWB(超広帯域無線)がより標準化され(新型のiPhone 11など)、APIが利用できるようになると、位置精度は大幅に向上するでしょう(「見物人から革命は起こる」を参照)。同様に、ここでも使用できる小さなポータブルタグを想定できます。これらのソリューションは、ニューノーマル実践の最初のステップとして、よりよい健康転帰のための重要な指標をもたらします。

さらなる改善のための次のステップは、センサーの導入です。考えられることはたくさんありますが、発明家たちは、まだ世に出ていない多くのものを思い描いて形にしようとしています。たとえば、施設への入場時の額の検温スキャンだけでなく、建物内の複数の場所にリモート赤外線温度センサーを配置することも可能です。建物の居住者が着用できるポータブル温度センサーを配置する選択肢もあります。別種のセンサーを使用して、呼気から血中酸素濃度をリモートで検出できます。これは、一部の感染者は初期症状に血中酸素濃度の異常があることと関連しています。さらに、音響センサーは、適切なアルゴリズムで処理することで、新型コロナウイルス感染者の可能性を示す乾いた咳の音を検出するために使用できます。職場内で感染の可能性の指標を明確につくり、感染の疑いのある人を隔離するために迅速に行動することができれば、現在行っているの位置情報認識の予防策に加えて、職場はさらに保護されるようになるでしょう。 

スマートビルディングでの健康管理の次のステップは、積極的なウイルス対策です。ウイルスを減らす空気処理システムを導入する取り組みは間違いなく進行します。空気中のウイルスを殺すための大きな可能性が示されている、人体に安全な波長222 nmUVの初期試験も実施されています。この区分で他にどんな技術が発明されるか予測することは困難ですが、世界中に新型コロナウイルスの甚大な影響が及んでいる今、発明者たちが空中浮遊するウイルスに照射する新しい方法を思案していること確かです。 

要約すると、高度な機能を備えたクラウドは、これらのさまざまなレベルのスマートビルディング保護システムを成功させるための、いわば構築ベースの基本的なビルディングブロックです。さまざまな指導、マスクの着用、衛生慣行によって位置認識指向のアプリケーションの使用が促されたことは、ほんの始まりにすぎません。多くの建物オーナーや企業は、クラウドで構築されたより高度なシステムに移行して、各種センサーを使って監視し、MLAIサブシステムに給電して、職場で新型コロナウイルス感染疑いの早期検出を改善しようとする可能性が高いです。

これからのニューノーマルのスマートビルディング保護における最終レベルは、積極的なウイルスの除去および根絶システムの実装になるでしょう。そのような各種システムがどのようなものか想像してみましょう。それは、年に一度、IT管理者が椅子に座って端末を操作し、様々なデバイスを直接操作してソフトウェア更新を受信させるような、クラシックなオンプレミスのソリューションに似たものでしょうか。次に、新しい情報が見つかり、新しい科学が確立されることで、毎週更新が必要になる可能性がある場合に、上の同じシナリオを想像してみてください。実際には、もちろん法的リスクの可能性があるので、この古い世界のモデルは、単なる出発点ではありません。私たちの職場、スタジアム、教室、劇場、レストランで重要な違いを生み出すことができるスマートビルディングの未来はクラウドにあり、クラウドの非常に高度なモデルになるのです。   

Enterpriseの関連記事