ソリューション 製品 サービス サポート リソース パートナー

スマートネットワーク = スマートホスピタル = スマートヘルスケア

Lauren Farah Manager, Vertical Solutions Marketing 投稿日: 11月 19, 2019

私達は素晴らしい時代を生きています!スマートテクノロジーはヘルスケア業界に革命をもたらすものです。病院でのストレスを軽減し、楽しく過ごすことができます。臨床医がより多くの専門知識を持ち、患者と過ごす時間を増やすことができます。スマートテクノロジーにより、ケアがよりパーソナライズされ、侵襲性が低くなります。

スマートテクノロジーは人間のエクスペリエンスを向上させるものです。

では、それはどのようなことを意味するのでしょうか?私はこれまでに、今日のヘルスケアを変革するいくつかのイノベーションと、それが患者と臨床医の経験に与える刺激的な影響を強調してきました。

スマートビルディングとIoT

フロスト&サリバン社の調査によると、「2020年までに、ヘルスケア業界おいて最大300億個のIoTと医療機器が接続されます」。

施設全体にIoTテクノロジーを導入して、効率と患者の満足度を高めることが、スマートホスピタルになるための基本の構成要素です。これには、Wi-Fiを含むネットワークに接続されたすべての医療機器とスマートセンサーが含まれ、マシン間の通信が可能で、有用なデータが無限に豊富にあることを意味します。この技術の可能性は無限大です。次のことを想像してみましょう。

  • 湿気や体の動きを監視して感染/傷を医療スタッフに警告したり、自動的に位置を調整して負傷を予防するための導電性糸が病院のベッドに配線
  • 病院のEHRシステムでリアルタイムに大量のデータを転送、分析し、看護師の時間を最大30%節約して患者と過ごす時間を増やすバイタルサイン監視システム
  • 患者が照明、エンターテイメントシステム、暖房、食品の選択、暖房換気空調設備などを指先操作で簡単に自分の環境を制御
  • 処方薬の50%が指示どおりに服用されていない問題を解決する目的で、高血圧や精神病などの症状を治療して適切な使用を確保するための、顕微鏡センサー付きの錠剤の形のデジタル薬物

これらのようなユースケースを想像する必要はもうありません。このテクノロジーはすでに開発中であるか使用されています。マウントサイナイ病院では、IoMTソフトウェアが原因のER患者の待ち時間を半減させることに成功しました。ヘルスケアと人の感情のサポートに非常に依存している業界では、これらの技術を導入することでスタッフのプロセスを合理化し、患者の洞察力を高め、より良い医療成果のための関与と満足度を高めています。さらに、ゴールドマン・サックスは、IoMTテクノロジーを使用することで年間医療支出を3,000億ドル節約できると予測しています

遠隔医療

デジタルヘルス市場の規模は2020年までに2,060億ドルに達すると予想されています

事実、ビデオチャットプラットフォーム形式のIoMTは、特定のシナリオで業界に好影響を与えています。病院では、これらの遠隔医療サービスの実装により、再入院率を低減し、コストを最小限に抑え、より広く患者に接触しています。ウェアラブルおよび遠隔操作の患者監視(RPM)デバイスにより、臨床医は退院後の患者を監視し、回復計画を順調に保ち、加齢による健康問題や慢性疾患の負担を軽減できます。これに加えて、医療提供者はITriageMyChartなどのモバイルヘルスアプリ(mHealth)を使用し、特定の条件、病気、予防サービスについて患者を指導します。

インディアナ州北部の21郡全体にメンタルヘルスケアサービスを提供するボーエンセンターでは、精神科医が遠隔診療を実施して、主要な生理学者と物理的な場所の手の届かないところにいる患者にサービスを提供しています。重要な要素:繊細な感情的トラウマに訓練を通して向き合いながら、完璧な患者体験を保証するためには、信頼性の高いネットワーク接続が必要です。

人工知能と機械学習

医師は勤務時間の21%を臨床とは無関係の事務に費やすことで、患者のケアのための時間が長く取れずにいます

AIはすでに医療業界に大きな影響を与えており、しかも私たちはその機能のほんの一部を応用しているに過ぎません。IoMTデバイスによって生成された圧倒的なデータの流入は、さまざまなソースからすべてを分析および理解できる複雑なアルゴリズムでAIおよびMLアプリケーションにフィードし、医師がより多くの情報に基づいた意思決定を行うのに役立つ洞察と推奨事項を提供します。驚くべきことに、AIによる早期発見は改善が見られます。American Cancer Societyは、マンモグラフィデータを99%の精度で30倍高速に変換することにより、不必要な生検の必要性を減らすことを発見しました。同じ利点は、診断と治療計画の開発にも見られます。アメリカ食品医薬品局(FDA)では最近、網膜画像で糖尿病網膜症を診断するAIデバイスを承認しました。診断デバイスは、89.5%の確率で疾患のない個人を正しく識別することができました

AIは自分で考え、利益を生み出します。アクセンチュア社の分析によると、主要な臨床用AIアプリケーションは2026年までに米国の医療経済に年間1,500億ドル節約します。

拡張現実(AR)と仮想現実(VR

AR/VRは間違いなく医療シーンに影響を与える最もエキサイティングなテクノロジーであり、まるで「スタートレック」の世界のようです。真実は、完全に没入型の感覚体験を通じて、医療の知識、専門知識、スキルをリアルタイムで提供しているということです。スマートデバイスを介して提供されて、医療専門家は、アプリケーションを使用して手術や手技を支援し、患者に力を与え、治療を提供できます。

  • AccuVeinは携行スキャナーを使用して皮膚の表面に血管を表示し、臨床医が困難な場合に静脈を簡単に視覚化し、患者の快適さを向上させます。
  • Touch Surgeryは医師が外科手術の手順を練習するための受賞歴のあるARアプリであり、100を超える米国のレジデンシープログラムに統合されています
  • Proximieにより、医師はプロセス中にリアルタイムで関与し、注釈を付けて専門知識の活用とガイダンスを強化できます
  • EyeDecideは、さまざまな目の状態の視覚シミュレーションを患者に提供し、経験している視覚の歪みを診断するのに役立ちます

スマートネットワークの導入:デジタル移行のためのカギ

これらのテクノロジーの利点は驚くべきものであり、その多くはまだ実現されていませんが、それらを実装するには、課題を解決し、主要なインフラストラクチャ要件を満たすことが必要です。HIMSSアナリティクスは最近、ITインフラストラクチャが高度な構築および臨床アプリケーションに対応できるようにするために、医療機関が達成すべき主要なベンチマークを特定する、新しいインフラストラクチャ採用モデル(INFRAM)を発表しました。このモデルを活用することで、病院は、ケアの提供を改善し、ビジネスの成果を最大化し、サイバーおよびインフラストラクチャのリスクを軽減するための適切な基盤があるという安心感を得ます。

それが次に説明するポイント、サイバーセキュリティです。患者、スタッフ、およびゲストのモバイルデバイス、インターネット接続された医療デバイス、およびWebベースのテクノロジーはすべて、ハッカーがシステムに侵入する経路です。特にヘルスケア組織は、すべての患者情報とデータがネットワーク上に格納されており、命にかかわるデバイスとプログラムが1秒間も侵害されることがない完璧な標的です。最近の病院をターゲットにするランサムウェア攻撃については、間違いなく緊急の注意が必要ですが、多くの病院は依然としてセキュリティ要件を再評価しておらず、根本的なインフラストラクチャの変更を最新のIoTテクノロジーに本当に必要としています。

上述のデジタルイノベーションは、今日のヘルスケア業界を変革する技術の表面と、未来のエキサイティングな可能性のほんの一部です。しかし、これらのいずれも、病院のデジタル変換を可能にするために必要なITインフラストラクチャとセキュリティの課題を考慮していません。厄介な現実があります。環境の複雑化は進んでいますが、病院のIT予算は減少しています。ITチームにはすでに大きな負担がかかっているため、諸々のアプリケーションをすべて接続するには、新しいハードウェア以上のものが必要です。医療機関には、次世代の病院内デバイスを接続、学習、適応、および保護して、人間の体験を向上させる、よりスマートなネットワークが必要です。それが、真のオートノマスネットワークなのです

Healthcareの関連記事