ソリューション 製品 サービス サポート リソース パートナー

ブログ AI & ML

今日の小売業はオートメーションでどのようにイノベーションを起こせるのか

Domagoj Gojak Web Developer and Administrator 投稿日: 8月 16, 2019

小売業者とその物理的な店舗(ブリック・アンド・モルタル)が、非常に大きな競争のプレッシャーにさらされていることは疑う余地がありません。消費者がオンラインで買い物をするように変化してきたため、物理的な店舗は成長速度が遅くなっています。それに応じて、小売業者は新しい店舗拡大を減らし、店舗を閉店、あるいは小規模店舗への投資を行っています。

物理的な店舗は、独自のブランドエクスペリエンスを提供し、顧客は製品を手にとることができ、店内のスタッフからリアルタイムでサポートを受けることができるので、小売店にとって大きな価値をもたらし続けています。しかし、小売店はまたデジタル化の岐路にも立っています: 伝統的なビジネスモデルを革新し、再構成すること以外には選択肢はなく、インストアでのエクスペリエンスはこの変化の真っ只中にあります。

 

小売店において変革を促進する重要な要素は何でしょうか?

小売業者は、デジタルトランスフォーメーションを加速するために、以下の分野に戦略的な投資を行う必要があります:

  • 人工知能
  •  機械学習
  • ビジネスインテリジェンス
  • 分析
  • モビリティ

現在、ビジネスの重要な部分を強化するために、小売店では定期的なメンテナンスレベルのタスクにかなりの量の時間が使われています。小売業者がオートメーションを通して、イノベーションの妨げとなる庶務的な機能を排除して、よりスマートに仕事をするようになれば、この悪循環はなくなります。

 

オートメーションのパワー:よりスマートかつ効率的に働く

時間のかかる手作業から、小売業者が革新的で自動化された作業に移行するにはどうしたら良いでしょうか?

Extreme Networksのセキュア、スケーラブル、フレキシブルな小売ネットワーキングソリューションならこれが可能になります。店舗を小型化または閉店している時ではありません。その代わりに、オートメーションを活用して日々の定型業務を減らすネットワークインフラストラクチャを実装することができます。時間を捻出できるので、戦略的ソリューションへの投資や、より順調に前進するためにソリューションを位置付けることに集中できます。

適切なネットワークソリューションによって小売業者が得られるメリットは、

 

独自の小売ニーズを満たす、柔軟かつスケーラブルなインフラストラクチャです

今日の小売ネットワークは、デジタルの世界で顧客の需要を満たしながら、将来も保証されている必要があります。

 

Extremeと弊社のSmart OmniEdgeソリューションによって、企業は、一貫したエンドユーザーエクスペリエンスを維持しながら、サービスを素早く簡単にセットアップすることができます。弊社では、ネットワーキング向けの新しいモデルとアーキテクチャをご用意しています。クラウドベースの、ソフトウェア駆動型のネットワーキングテクノロジーを活用することによって、企業規模に合わせてスケーリングできる1つのソフトウェア運用システムにプレミアサービスを統合できます。このレベルの柔軟性とビジネスのカスタマイズは、今日の小売業者に不可欠です

アプリをスマートフォンに簡単に素早くダウンロードできるように、ボタンを押すだけで、新しいネットワーキングサービスを素早く簡単に獲得できます。

ビジネスニーズの変化と共に、ネットワークも変化します。

 

時間が増え、予算は削減

20181月に実施されたIDCの大企業調査では、オペレーションの効率化を支援するAIへの大きな関心が見られました。

  • 65%は、ITオートメーションのためには、AIと機械学習の利用が最重要だと回答しました。別の48%は、AIを利用する最大のビジネス目標はオペレーションの効率性を改善することであると回答しました。

企業は、定型業務に従業員の時間の大半が費やされる場合、本当に重要な事柄に集中できません。ITオペレーションとサポートが直面する、最も困難かつ多大な時間を必要とする業務の1つは、ワイヤレスネットワークの管理です。

  • 報告されたネットワークの問題の64%Wi-Fi関連であり、Wi-Fiの問題の23%はパフォーマンスの低下です。

小売業者は、ネットワークを戦略的に使って時間を解放し、費やされる予算を減らすことが極めて重要です。これを達成するための方法は、オートメーションと人工知能によって日々の定型業務を減らすことです。

ExtremeAI for Smart OmniEdgeは、コグニティブインテリジェンスによって、RF管理の複雑なタスクを行います。構成、ダイナミックチューニングと最適化、負荷分散、トラブルシューティング、診断と修正を含めたWi-Fi RF管理の側面を全て自動化することで、ネットワークは継続的に学習し、企業のWi-Fi環境に適応し、モバイルユーザーのためにそのクラスで最高のエクスペリエンスをプロアクティブに実現し、ITへのメンテナンスとトラブルシューティングの負担を減らします。

 

ビジネスと顧客セキュリティの強化

ネットワークセキュリティは、小売業者を含めたすべての企業にとって常に最重要事項です。セキュリティへの支出の増加にも関わらず、毎日新しいセキュリティ攻撃、個人データレコードの侵害があり、そして企業の評判が低下します。デジタル世界で経営している現代の小売業者は、ファブリック全体でセキュリティが根付いたネットワークが必要です。

Extreme Smart OmniEdgeは、有線、無線、およびIoT環境でのセキュリティを強化します。

  • セキュアIoTオンボーディング:Extremeは、統合され、自動化されたコンプライアンスチェック、脅威検出、インテリジェンスを提供し、IoTデバイスのオンボーディングの時間からユーザーのセッションの完了までの時間を短縮します。
  • Extreme Defender for IoTは、制限されたセキュリティ機能が組み込まれた旧式の有線デバイスに対して、IoTオンボーディングとセキュリティを簡素化します。
  •  Extreme Fabric Connectテクノロジーは、ユーザーとデバイス向けの自動オンボーディングに加えて、エンドツーエンドの粒度の細かいセグメンテーションを提供します。
  • Extreme AirDefenseは、ワイヤレス侵入検出と保護を提供し、他のベンダーの2倍のシグネチャをサポートします。
  •  Extreme Information Governance Engineは、完全に自動化されたネットワーク構成コンプライアンスソリューションを提供し、これによりユーザーは、コンプライアンスベースラインの作成と管理ができ、ネットワーク構成と、HIPAAPCI、およびGDPR継続中のコンプライアンスを決定できます。

 

オートメーションを通して、買い物客が満足する体験を提供

完全に自動化されたネットワークを実装することで小売業者が獲得できるものは以下の通りです。

  • 店内運営、社員、およびアセットの最適化
  • オンラインエクスペリエンスと統合された店内のデジタルエクスペリエンス
  • ロケーションベースの追跡を使用した、店内での買い物客と社員の行動のリアルタイム表示が可能になります
  • 店内スタッフに、顧客の履歴データ、製品情報、および在庫に関する360度のビューを提供します

 

Enterpriseの関連記事