ソリューション 製品 サービス サポート リソース パートナー

学校にeスポーツプログラムが必要な理由

Bob Nilsson Director, Vertical Solutions Marketing 投稿日: 9月 4, 2019

eスポーツに関する調査結果とインフォグラフィック

「ゲームは脳を発達させるエクササイズです。多くの学校がカリキュラムにStarCraftのようなゲームを採用しており、eスポーツは学生の脳の発達プロセスに不可欠であると考えられるべきです。インドの大学でこういったeスポーツが見られるのを楽しみにしています。」–インドの大学生

eスポーツはeグッド!」–アメリカのコミュニティカレッジのITマネージャー

eスポーツプログラムをまだ行っていない学校は、今こそ計画を立てましょう。これには、学生の採用と維持、将来の就職市場に向けた準備、キャンパス構内体験とオンライン体験の融合、学生体験を全体的に充実させることなど、とても大切な理由があります。eスポーツは、皆さんが思っているよりも費用がかからず、学校ですぐに開始できます。

世界中の学校や大学にeスポーツへの関与と計画について尋ねました。eスポーツの概念はすでに広く理解されており、急速に導入されていることが分かりました。少なくとも、eスポーツにはコーチ、プレーヤー、(所有またはレンタルの)ゲームステーション、インターネットへの接続が必要です。他にも、ゲーム用アリーナ、スタッフの採用とトレーニング、トレーニングルーム、旅行の予算、奨学金の資金源も必要です。

 

学校における現在のeスポーツの規模

当社が調査を行った学校のうち20%eスポーツのプログラムを用意していることが分かりました。比率が少ないのは、eスポーツが新しいからです。eスポーツのプログラムがあると回答した学校のうち70%が、このプログラムを開始してまだ1年未満だと回答しています。開始して3年以上と回答したのは10%未満に過ぎません。ESPNによると、現在、アメリカ国内の125校の大学にeスポーツチームがあります。eスポーツプログラムのほとんどは大学間のものですが、24%は学内専用です。

eスポーツプログラムの実装

eスポーツプログラムの収容に関しては、現在は主に学部内で管理されており、運動部を通じてプログラムを管理している学校はやや少なくなっています。

  • 学部:40%
  • 運動部:30%
  • その他:32%(クラブ、学生活動、芸術、IT部門を含む)

現在、学校の40%に特別なeスポーツ競技施設があります。ネットワークは、最近アップグレードされた(76%)、もしくは、1年以内にアップグレードされた(24%)との回答が得られました。

 

本番まで、あと7日(7 Days Out):『League of Legends』1億人のウォッチャーを引き付けるゲーム

Netflixのオリジナル番組「本番まで、あと7日(7 Days Out)」は、世界最高の『League of Legends』プレーヤーの1人であるYiliang Doublelift Peng選手のプロフィールを紹介しています。番組は、ロサンゼルスで開催されるNorth American League of Legends Championship Seriesの準決勝で始まり、決勝で終了します。競技に参加する選手は108,000ドルの優勝賞金をかけて争います。世界決勝に進むと、優勝賞金は240万ドルになります。

eスポーツプログラムを実施している学校の45%が主催団体のメンバーとなっています。当社が行った調査によると、最も人気が高かったのは、National Association of Collegiate EsportsNACE)でした。他にも、North America Scholastic Esports FederationEsport Gaming Association AustraliaEGAA)、High School Esports LeagueHSEL)、GPAC ConferenceTESPAが挙げられました。高校の場合、PlayVSは「高校のeスポーツの公式リーグ」と自称しています。

 

主な障壁はどういったものか

認識されている最大のハードルは、プログラムを開始するためのリソースと専門知識を見つけることです。計画を支援するために、ニューヨーク州立大学カントン校は、セッション中にExtreme Connectでどのように行ったか、ニューヨーク州立大学カントン校でのeスポーツの導入と実装について紹介しました。調査を行った一部の学校(18%)は、財政援助やインセンティブを提供しています。eスポーツを導入していない他の学校では、生徒が適切なツールを持っていないか、生徒が自分のツールを持って来る必要があるため、自宅でeスポーツを行う必要があります。アンケート調査では年間費用についても質問し、以下のような回答が得られました。

  • $0$10,000 67%
  • $10,000100,000 12%

アンケート調査で得られたコメントをご紹介します。

  • 学生をキャンパスに定着させる画期的な方法。
  • 学区のためにeスポーツプログラムを確立するための資金を得ようとしていますが、資金を見つけた場合、校長は非常に協力的です。
  • eスポーツを提供しない場合、生徒にとってマイナスになると思う。現在起こっている、このeスポーツの勢いの波を無視することは困難。大学が奨学金を提供し、eスポーツアリーナを構築しているので、これは無視できません!
  • もっと詳しい調査が必要です。
  • 本来なら関わることがなかった学生を関わらせる素晴らしい方法。
  • ゲーム、教育的価値の低さ、運動量の低さにより、経営陣や多くのスタッフから賛同を得るのは困難。学生はスポーツをしているので、eスポーツではなくスポーツを続けるべきだというのが一般的な考えだ。別のカテゴリとして定義し、必要な賛同を得ることは困難。
  • 実現可能性について調査中だ。
  • 大学対抗の試合では、男女同権の課題が原因で避けたい。他の大学と競うクラブスポーツの場合はぴったりだと思う。
  • 教育的価値がほとんどなく、時間と労力の浪費に思える。
  • 非常に懐疑的だったものの、以前に勤務していた大学はeスポーツのプログラムを追加し、非常に成功し、好評を博している。
  • 学校としてeスポーツに備える必要があり、パイロットプログラムの設定を許可する必要がおそらくあるだろう。
  • eスポーツは、eスポーツに参加し、大学の入学に対する価値を高めたい学生にとっては優れた付加事項となる。
  • eスポーツの成長に伴い、すべての高等教育機関は、eスポーツをそれぞれのカリキュラムの優先事項とするために集中的な努力をしなければならないと感じている。
  • 今は居場所のない子供を捉えるような活動をするというアイデアが非常に気に入っている。この分野で何か試してみたいと思っている。
  • eスポーツは素晴らしいアイディアであり、体を動かすスポーツに熱心ではない子供たちが課外活動に参加することを奨励する。eスポーツは帰属意識を高め、生徒たちが自分のやり方で卓越した能力を発揮する機会を提供する。
  • 私たちの地域で関心が高まっている。適切なコーチが必要だ。
  • 公共機関の場合、プログラムが後援と助成金によって資金提供されていない限り、限られたリソースの不適切な使用だと感じる。
  • 非常に複雑な気持ちだ。身体活動がほとんど必要ないため、スポーツと呼びたくない。しかし、戦略や手と目の調整を使用してプレーされているビデオゲームの一部にも価値があると見ている。
  • eスポーツは、子供たちがチームワークを学ぶのに最適な方法だ。コミュニケーションスキル、戦略、健全な競争、リーダーシップ。

詳細については、当社のeスポーツソリューションページにアクセスし、eスポーツスプラッシュビデオ(英語)をご覧ください!