Blog

政府機関における人手不足の課題を克服する – 賢いIT投資で組織を成功に導く方法

myamamoto Published February 7, 2024

世界各国の政府は、業務効率と生産性を妨げる労働力の問題に取り組んでいます。人員や予算の制約、有能な候補者の不足、従業員の期待の高まりなど、こうした労働力の課題に取り組むことは、今や政府当局の最優先課題となっています。2022年、NASCIO(全米州政府CIO会議)は州のCIOの最大の懸念事項として労働力の課題を挙げており、2023年のレポートも同様の内容を反映しています。

“労働力はリーダーが直面する唯一最大の課題であり、労働力の要素を正しく把握することがCIOの成功を左右する” – 2022 NASCIO調査回答より

政府ITチームの労働力問題とは?

最近のニューヨーク・タイムズ紙の記事では、他の多くの国と同様、ミネソタ州が現在、人材不足やその他の労働力の課題に直面していることを掘り下げています。政府ITチームは現在、将来に向けて人材を準備すること、候補者の中から適切なスキルや専門知識を見つけること、職場の期待が高まる中で従業員を維持することの難しさに対処しようとしています。

ITチームは労働力の課題にどう取り組んでいるか?

CIOは目の前の問題を理解しています。問題はそれにどう対処するか、ということです。さまざまなチームが現在試みている、あるいは近いうちに実施しようとしている戦術や戦略にはどのようなものがあるのでしょうか。

従業員の再教育(リスキリング)

テクノロジーは常に進化しています。現在の従業員がそれぞれの役割で成功を収め続けるためには、最新の技術革新について頻繁にトレーニングを受け、アップデートする必要があります。

役職名のアップデート

NASCIOによると、多くのCIOは、民間企業での職務をより反映させるために、役職名や職務内容を更新しています。より現代的な用語の使用、最新の必要なテクノロジー知識の更新、より多くの応募者を引き付けるための流行語の使用する、ということです。

ハイブリッドワークの選択肢を増やす

今日の従業員がハイブリッドワークの機会を求めていることは周知の事実です。パンデミックの中で、在宅勤務という選択肢が、従業員にとっては十分対応可能なものであることが明らかになりました。応募者を増やし、既存の従業員を維持するために、CIOはハイブリッドワークの機会を増やしています。

柔軟なスケジューリング

パンデミックでの経験のうち、従業員が継続したいと考えているもう一つのトレンドは、柔軟なスケジューリングです。多くの人々は、9時から5時まで、という標準的な就業時間に拘束される必要がないことに気づきました。与えられた仕事をニーズに合うようにこなすことができるなら、どの時間を使うか、は問題ではないのではないでしょうか。彼らは自分の仕事を得ている限り、なぜ彼らがそれを行うとき、それは問題であるべきなのでしょうか?多くのCIOはそのように考え、可能な場合はスタッフに柔軟性を提供したいと考えています。

採用時間の短縮

政府機関のITチームの採用チームの多くは、時間を節約するために採用プロセスを合理化する方法を見つけようと計画しています。ITチームにとっては、より早く役割を満たし、オンボーディングを開始できるというメリットがあります。候補者にとっても、職務に就いてより早く業務を開始できるため、メリットがあります。

労働力の課題に対処するための適切なツールをチームに装備することが必要です。
こちらのブログ(Extreme Networksの英語サイトへリンクします)で、是非続きをご覧ください。
Extreme Networksが提供するファブリックネットワークが、都市の労働力の課題解決へと大きなサポートを果たした事例をご覧いただけます。

詳細のお問い合わせは、お気軽にこちらからご連絡ください(フォームのページが開きます)。