広報

エクストリームネットワークス、クラウド対応製品を拡張

投稿日: 4月 15, 2020

エクストリームネットワークス、クラウド対応製品を拡張

シンプルなライセンスモデルで、エッジ スイッチとアクセス ポイントがExtremeCloud IQに対応

新しいクラウド型のPortable Branch KitとRapid Outdoor Connectivity Kitが、どこでもアクセス可能なセキュアで信頼性の高いネットワークに必要な機能を企業・組織に提供

 

Extreme Networks, Inc. (本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、最高経営責任者:Ed Meyercord)の日本法人、エクストリーム ネットワークス株式会社(以下:Extreme)は、4世代のクラウド対応製品を拡張しExtremeCloud™IQ統合管理プラットフォームを拡張すると共に、エッジ スイッチとアクセス ポイント ファミリーにおけるシンプル新しいPilotサブスクリプションモデルを発表しました。エクストリーム、弊社ポートフォリオのクラウド化の価値を実証するためPortable Branch Kit(PBK)Rapid Outdoor Connectivity Kit (ROCK)提供します。これらのキットは、あらゆる業界の企業がExtremeCloud IQを活用し、組織のネットワーク要件に則って、接続を迅速かつ安全にプロビジョニング、提供、管理することで、セキュアで信頼性の高いどこでもアクセス可能なネットワークを提供することを可能にしました。この機能は、昨今の新型コロナウイルス感染症によるパンデミックにおいて非常に重要となります。

キーファクト:

  • ExtremeCloud IQは、特定のクラウド ホスティングクラウド オペレーティング システムに依存しない、ネットワーキングにフォーカスしたクラウド マネージメント アーキテクチャです。これは、ネットワーク インフラストラクチャ デバイスのオンボーディング、構成、監視、管理、トラブルシューティング、アラート、およびレポートを簡素化する機械学習(以下:MLAIドリブンのクラウド マネージメント プラットフォームであり、デバイス、クライアント、アプリケーション、ネットワークの健全性とパフォーマンスに関して、比類ないレベルの、全方位的な可視性をIT管理者に提供します
  • ExtremeCloud IQの採用は、12ヶ月で40%増加しました。現在、本製品は100万台以上のデバイスを管理し、1日平均25,000以上管理者がログイン、毎日40億以上の管理メッセージ取り込まれ、ExtremeCloud IQMLAIエンジンにフィードされていますExtremeCloud IQは、アマゾングーグル、そしてまもなく対応するマイクロソフトがホストする15の地域データセンターから成るグローバルフットプリントを展開し、管理下にあるインフラストラクチャ デバイス、およびこれらのデバイスに接続されたクライアント1日あたり4ペタバイト以上のデータを処理します。
  • エクストリームは、X465プレミアム、スタッカブル マルチレートギガGigabit Ethernetスイッチ、スケーラブルで費用対効果の高いスイッチのトップセラーであるX440-G2ファミリー、新世代のWi-Fi 6アクセスポイントやExtremeCloud Applianceを含むExtremeWireless™アクセスポイントとコントローラなど、エクストリームのエッジ ソリューション全体ExtremeCloud IQ利用できるように、スケジュールを前倒して取り組んでいます弊社ポートフォリオの多くは、拡張プラットフォーム オプションとMLAI機能をIT部門に提供するために、今後数ヶ月でExtremeCloud IQに統合される予定です。
  • エクストリームは、市場をリードするマイクロサービスベースの第3世代クラウドアーキテクチャを完全にコンテナ化されたマイクロサービスベースのアーキテクチャである4世代移行することを4月末までに完了します。更新されたクラウド アーキテクチャとクラウド実行モデルは、広範なインスツルメンテーションと自動化機能を追加し、実証済みで、特定のクラウドホスティングに依存しない機能を強化し、ExtremeCloud  IQ クラウド オペレーティング システムも同様に非依存にします。
  • ExtremeCloud IQマルチサービスレベルで利用できます。ExtremeCloud IQ Connectは基本的なデバイス管理を提供し、サポートされているハードウェア プラットフォーム購入すると無料で利用できますExtremeCloud IQ PilotExtremeCloud IQ Connectの機能を基盤とし、MLAIドリブンのインサイトや分析など、高度なインフラストラクチャ管理、レポート作成、修復ツールを提供します。新しいPilotサブスクリプションは、ユーザがExtreme ポートフォリオ全体に渡って移行可能で、一律$150 USD リストプライスで利用できるシンプルで柔軟性の高いライセンスモデルとなっています。さらに、新しいPilotサブスクリプションには、20205 月からExtremeCloud IQ Pilotレベルのサブスクリプションを購入するすべての顧客は、90日間データを保持することが可能です
  •  ExtremeCloud IQ、世界中のどこから接続でも迅速にプロビジョニング、配信、管理できます。また、Portable Branch Kits (PBK)Rapid Outdoor Connectivity Kit (ROCK)は、病院やその他の組織が新型コロナウイルス感染症(COVID-19に関連する検疫、テスト、患者ケアの取り組みをサポートするために導入できセキュアなワイヤレス接続を臨時に設置された施設に拡張するのに役立ちます。これらのクラウド マネージドWi-Fi 6 ソリューションは、HIPAA コンプライアンスを維持しながら、既存のインフラストラクチャへのセキュアで暗号化されたアクセスを提供します。

エグゼクティブのコメント:

ブレイナード・バプテスト・スクール ITディレクターBradley Chambersブラッドリー・チェンバース

「私たちの学校は現在、遠隔学習に注力しているため、当初この夏に予定していたファームウェアのアップグレードに追いつくためにこの時間を使っています。長期間の登校自粛は、教室での指導時間に影響を与えることなく、変更をテストするために十分な時間を与えてくれます。私はExtremeCloud IQを使用することで在宅勤務しながら、これらのアップグレードのすべてを行うことができます。私たちの学校はまた、8月にオープン予定の新しいイブラリー、ならびにSTEM学習ラボの建設プロジェクトの初期段階にあります。本校の施設のスタッフは、Procoreモバイルアプリケーションを活用して、建設計画、スケジューリングなどについて、担当する工事請負業者と協力・連携しています。学生が現場になくても、私たちのネットワークはミッションクリティカルなままの状態を維持しています

Extreme Networks、プロダクトマーケティング担当副社長Abby Strong(アビー・ストロング)

ExtremeCloud IQソリューションに対する顧客とパートナーの反応は、非常にポジティブなものであり、毎日サインアップするエンドユーザーの数が増え続けています。このような短い期間で、当社エッジ ポートフォリオ全体でこのプラットフォームをアクセス可能にしました。我々は、この進歩に非常に満足しており、次キャンパス ソリューションを統合できることを楽しみにしています。また、クラウドPortable Branch Kits Rapid Outdoor Connectivity Kit提供を通じて企業・組織のビジネス継続性の取り組みを支援できることに興奮しています。クラウドネットワークをあらゆるIT部門で実現することが私たちの目標であり、その目標に向かって前進しています

追加リソース

Extreme Networksについて

Extreme NetworksInc.EXTR)は、卓越したネットワーキングエクスペリエンスを実現することで、すべてのお客様のビジネスを加速させます。Extremeは、機械学習、人工知能、分析、自動化のパワーを活用することで、テクノロジーの可能性を拡大します。弊社が世界中に有する50,000を超える顧客は、エンドツーエンドのクラウドドリブンなネットワーキングソリューション、ならびに最高レベルのサービスとサポートを活用することで、デジタル・トランスフォーメーションの取り組みを加速し、かつてないほどの進化を実現しています。 詳細については、ExtremeWebサイトにアクセスするか、TwitterLinkedInFacebook、にてご確認ください。

 

お問い合わせ

Extreme Networks 広報担当[担当:神谷]

E-mailextreme@jspin.co.jp