ソリューション 製品 サービス サポート リソース パートナー

広報

プロサッカーチームのヒューストン・ダイナモおよびダッシュ、観客ファーストのデジタルエクスペリエンス実現のためExtreme NetworksのWi-Fi 6ソリューションを採用

投稿日: 9月 12, 2019

プロサッカーチームのヒューストン・ダイナモおよびダッシュ、観客ファーストのデジタルエクスペリエンス実現のためExtreme NetworksのWi-Fi 6ソリューションを採用

BBVAスタジアムにおける次世代Wi-Fi採用が、モバイルチケットやソーシャルメディアでリアルタイムのシェア、仮想現実体験を可能に
BBVAスタジアムがMLSのスタジアムとして初めてWi-Fi 6テクノロジーをデプロイ

 

Extreme Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、最高経営責任者:Ed Meyercord、日本法人:エクストリーム ネットワークス株式会社、以下:Extreme)は、メジャーリーグサッカーのヒューストン・ダイナモおよびナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグのヒューストン・ダッシュが、拡大するファン層の要求を把握し当社のSmart OmniEdge™ソリューションを採用、ホームグラウンドであるBBVAスタジアムで高密度なプロレベルのWi-Fiコネクティビティを提供すると発表しました。この、ファンに対する無料のWi-FiエクスペリエンスはBBVA USAによって提供されます 

女子サッカーのアメリカ代表チームがワールドカップで優勝し、メジャーリーグサッカーやナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグでもスリリングな試合を展開することで、サッカーファンはアメリカ中に広がりました。数千人ものファンが、毎週末スポーツパブやバーにつめかけ、世界中から中継される試合を観戦しています。しかし、スポーツに関しては、もはや試合そのものだけでは、ファンをアリーナに惹きつける事はできません。テクノロジーに慣れ親しんだミレニアル世代が求めるのは「インスタ映え」するスタジアム体験であり、それがなければ家でのんびり観ているほうがいいというわけです。

BBVAスタジアムは、メジャーリーグサッカー(MLS)のスタジアムとして初めて、Wi-Fi 6テクノロジーをデプロイします。あらゆる世代のファンは、新しいWi-Fi 6ネットワークを活用することで、試合当日、より優れたエクスペリエンスを得ることができます。またこのネットワークは、モバイルチケットやワイヤレスでの食事の注文などの実現や、さらに将来的には、ファン自身がフィールドに立っているかのように感じられる拡張現実や仮想現実などのイノベーションも可能にします。ヒューストン・ダイナモおよびダッシュはもう一歩踏みこみ、ソーシャルメディアにおけるリアルタイムのシェアを促進するため、地元のストリートアーティストに依頼してスタジアム全体の背景をインスタ映えするデザインにしました。

22,000人以上の観客を収容できるBBVAスタジアムでは、年平均50回ものチケット購入制のイベントが開催され、アメリカ国内の他のどのスタジアムよりも多くの国際サッカー試合を主催してきました。サッカーのヒューストン・ダイナモおよびダッシュの両チームだけでなくテキサス・サザン大学のカレッジフットボール(大学参加のアメリカンフットボール大会)チームのホームスタジアムでもあり、トップレベルのアーティストやパフォーマーのコンサートを開催できるキャパシティを有します。ExtremeSmart OmniEdgeポートフォリオからElements™をデプロイすることで、これらのチームはここぞという試合の日のオペレーションをシームレスにサポートすることができるようになり、デジタルネイティブな観客のためにWi-Fiキャパシティを拡大できます。それによって、BBVAスタジアムはアメリカ国内でもっとも先見の明を持ったデジタル・サッカースタジアムへの基礎固めができることになります。

 

主なメリット:

     高密度かつプロレベルのWi-Fi 6ネットワーク:Extreme Switching™ テクノロジーおよびExtreme Mobility™ Wi-Fi 6アクセスポイントは、過酷で高密度の環境に対応できるよう設計され、4倍ものネットワークキャパシティを提供します。このネットワークアップグレードにより、ヒューストン・ダイナモはスタジアム運営を強化し、増え続けるモバイルデバイスや多くの帯域幅を必要とするアプリケーションをサポートすることができます。また、ネットワークを分割するのに十分なキャパシティがあるので、各メディアが大容量の画像や動画のファイルをリアルタイムでシームレスにアップロードしてもイライラと待たされることもなくなり、オペレーションやファンエクスペリエンスに影響を与えることもありません。

     シンプルになったネットワークマネジメント: Extreme Management Center™アプリケーションを使うことで、ヒューストン・ダイナモの小人数のITチームでも、ネットワークやデバイスのマネジメントだけ縛られずに、ミレニアル世代のファン層を満足させられるような、将来を見越したスタジアム内体験を構築することができます。

     高度な可視性と分析:ネットワークやアプリケーションのパフォーマンス、ユーザー、ロケーション、デバイスに対する可視性において優れた精度を得るため、ITチームはExtremeAnalytics™テクノロジーをデプロイすることも計画しています。これらの情報があれば、ヒューストン・ダイナモは熱心なファンひとりひとりに適した情報を提供できるようになり、ファンとの関係を深め、繰り返し足を運んでもらうことにつながります。

 

ヒューストン・ダイナモおよびダッシュは、プロおよび大学のスタジアムやeスポーツアリーナ、スポーツリーグにおける高い実績を評価しExtremeを選択しました。Extremeは、全米フットボールリーグのオフィシャルWi-Fiソリューションプロバイダーとして、NFL25チームおよび過去6回のスーパーボウル期間に高密度なWi-FiまたはWi-Fiアナリティクスソリューションを提供しています。Extremeのネットワーキングソリューションは、世界中で4,500以上の大学キャンパスにデプロイされています。運動競技や学問的な科目の一つとして、競技会対応のeスポーツプログラム構築を模索する学校・大学が増えている中で、Extremeはデジタルeスポーツアリーナ建設のリーダとしても位置づけられています。

 

エグゼクティブのコメント

 

ヒューストン・ダイナモおよびヒューストン・ダッシュ、事業運営担当取締役、John Walker(ジョン・ウォーカー

BBVAスタジアムでのファンエクスペリエンスの向上に努め、そのための投資も継続しています。試合中のWi-Fiコネクティビティの信頼性は、活動的なミレニアル世代のファン層にとって基本中の基本です。しかし、より多くのデバイスやデジタル機能を追加しようとすればするほど、より広いWi-Fi帯域幅とキャパシティの要求の両方に対応可能で、自由にイノベーションが行えるような、最先端のネットワークが必要になります。ExtremeWi-Fi 6アクセスポイントをデプロイすることで、ネットワークを拡張し、将来を見越したデジタルイニシアティブをサポートする可能性が手に入ります。それはまた、この国でメジャーリーグサッカーを観に行くならここだ、という評価を確固たるものにしてくれるでしょう」

 

Extreme、スポーツ&エンタテインメント、ホスピタリティ責任者、John Brams(ジョン・ブラムス)

「今日のスポーツにとってテクノロジーは欠かせないものとなっていて、アメリカ中のスタジアムがデジタルオファーを向上させようとしています。そうしなければ観客数が減ってしまうからです。しかしスタジアムにおける困難さは独特のもので、密度の高い環境はパワフルな最先端ネットワークを必要とします。スタジアム環境に特化して作られた802.11ax対応アクセスポイントを提供する初のベンダーとして、また過去6シーズンにわたるNFLのオフィシャルWi-Fiソリューションプロバイダーとして、革新的かつ技術主導で試合当日のエクスペリエンスの構築を目指すExtremeの最新ネットワークソリューションは、ヒューストン・ダイナモを成功へと導いてくれるでしょう」

 

BBVA USABBVAテキサス地区エグゼクティブ、Jeff Dudderar(ジェフ・デュデラー)

BBVA USAは、サンベルトフロンティアを越えて、さらにはデジタルフロンティアへの道を探る、スマートで意欲に溢れた銀行です。私たちはパートナーがこの同じ未知なる領域へと進むのを支援したいと思っています。新たな機能を備えたBBVAスタジアムは、すでにある十分に刺激的なスポーツおよびエンタテインメントのエクスペリエンスをさらに高めようとしています。当行は、デジタル差別化を通じて優れたカスタマーエクスペリエンスの達成を目指すサービス組織としての役割に継続的にフォーカスしています。サポートする会場やホームと呼ぶ都市もこれに含まれています」

 

追加資料

 

 

Extreme Networksについて

Extreme Networks, Inc.EXTR)は、エンタープライズエッジからクラウドに至るまでアジャイル(迅速)、アダプティブ(柔軟)、セキュア(安心)なオープンかつソフトウェアドリブンのソリューションを提供することで、企業のデジタル・トランスフォーメーションの推進を支援します。弊社は、100%内製のコールセンターにて業界でNo.1のサービス&サポートを提供しています。エクストリームは、世界的大企業や病院、小売店、物流、教育、政府機関、医療機関、メーカーや、Fortune 50の半数の企業を含む50,000社を顧客として有し、お客様やパートナーのビジネス成功に向けて迅速かつ敏捷なサポートを提供しています。弊社では、この取り組みをCustomer-Driven Networking™と呼んでいます。Extreme1996年に設立され、米国カリフォルニア州サンノゼに本社を置いています。

 

Extreme NetworksおよびExtreme Networksのロゴは、米国および/または各国のExtreme Networks, Inc.の商標または登録商標となっています。その他の商標は、それぞれの所有者の所有物となっています。

 

 

お問い合わせ

Extreme Networks 広報担当[担当:神谷]

E-mailextreme@jspin.co.jp